サユナツサロの役場 Town hall in Saynatsalo 1949〜52 A.AALTO / Saynatsalo Finland No.1/50


南東側外観。
Saynatsalo T-Hall 04-24-29.JPG
c0044801_962455.jpg
ユヴァスキュラ南近郊約10km、パイヤネン湖の小島に有るサユナツサロ、1942年当時約3000人規模の木材工場があった村の地域計画が、アアルトに依頼され立案されていましたが実現されませんでした。1949年役場のコンペが行われ、当選したアアルトの案が1952年に完成しました。この建物はアメリカから帰国した戦後初の作品で、粗末な材料を用いたにもかかわらず、格調高い気品のあるそして人間的な空間を見ることが出来ます。一階に店舗・銀行等の商業施設、正面の階段を上がった二階のレベルに中庭を囲んで役場のオフィスと住宅と図書室、三階部分に会議場が、適正なスケールで配置されています。外界から守るように作られたこの役場の中庭空間、厚いレンガの壁で囲まれた会議場、内部へ内部へと向かうアアルトの空間の特性が明確に見て取れます。
c0044801_1429491.jpg

by hirayama-susumu | 2005-05-07 09:11 | 12-Saynatsalo の役場
<< チョット一休み サユナツサロの役場 Town ... >>