ヴィープリの図書館 Library Viipuri 1927〜35 A. AALTO / Viipuri Russia No.2/13

Library Viipuri 04-20-20.JPG
c0044801_2254452.jpg

外装のモルタルは剥離して煉瓦が露出し、サッシ廻りはボロボロ、内部の天井や壁は雨漏りのしみだらけ、期待したうねる天井は部分的にしか残っていない・・・・というまさに悲惨な状況で使われて居ます。
丁度落書きだらけの外部を見て居るとき、戦後荒れ果てたまま使われていた谷口吉郎設計の東工大水力実験棟のことが脳裏を横切りました。学生時代毎日目にする薄汚い建物が名建築とはとても思えなかったのですが、1960年代だったでしょうか、修復なって仮囲いが取れた日、太陽の光の下に真っ白な姿を現したのです。そのプロポーションの美しさに息をのんだことを思い出しました。
この図書館も頭の中で修復工事をして見直してみると、実に美しい建物であり素晴らしい空間を持つ建物であることが理解できると思います。
by hirayama-susumu | 2005-02-05 22:55 | 1-Viipuriの図書館
<< 1-ヴィープリの図書館 Lib... ヴィープリの図書館 Libra... >>