カテゴリ:F18-Tapiola の印刷工場( 5 )

F-18 タピオラの印刷工場 Printing Factory (1964~66) Aarno Ruusuvuori / Tapiola Finland No.1/5

外観
Printing Fact. 87-012-22.jpg
c0044801_2219844.jpg
支えとなる円柱から26m×26m の屋根のジョイストスラブを吊り、工場内にフリースペースを与える、と設計説明では述べていますが、果たしてそうだったのでしょうか。この構造をやってみたかったのではないでしょうか・・・・1950〜60 年代のPier Luigi Nervi の影響を感じますが、魅力的な構造だと思います。
追記:2007年秋 Ms. Henna Hender とAiras Architects のデザインによって、Ruusvuori の空間を生かした現代美術館に改装されたようです。
by hirayama-susumu | 2006-05-11 22:26 | F18-Tapiola の印刷工場

タピオラの印刷工場 Printing Factory (1964~66) Aarno Ruusuvuori / Tapiola Finland No.2/5

屋根スラブを吊る根本のシリンダーが見える外観
Printing Fact. 87-012-17.jpg
c0044801_22173915.jpg

by hirayama-susumu | 2006-05-11 22:17 | F18-Tapiola の印刷工場

タピオラの印刷工場 Printing Factory (1964~66) Aarno Ruusuvuori / Tapiola Finland No.3/5

端整なプロポーションの外壁
Printing Fact. 87-012-18.jpg
c0044801_22153731.jpg

by hirayama-susumu | 2006-05-11 22:15 | F18-Tapiola の印刷工場

タピオラの印刷工場 Printing Factory (1964~66) Aarno Ruusuvuori / Tapiola Finland No.4/5

サッシ廻り
Printing Fact. 87-012-20.jpg
c0044801_2214860.jpg

by hirayama-susumu | 2006-05-11 22:14 | F18-Tapiola の印刷工場

タピオラの印刷工場 Printing Factory (1964~66) Aarno Ruusuvuori / Tapiola Finland No.5/5

階段シャフト
Printing Fact. 91-15-09.jpg
c0044801_22113478.jpg
Aarno Ruusuvuori (1925〜92)の建物を見たいと思ったきっかけは、建築雑誌に載ったヘルシンキ市庁舎改築計画における、彼のデザインした美しい階段に惹かれてだったような気がします。始めにこの工場を訪れこの階段を見たとき、1914 年ドイツ工作連盟展グロピウスによるモデル工場の階段を思い起こしてしまいました。それ以来 Ruusuvuori と言う人は「一時代前の人」という錯覚に陥ってしまっています。
by hirayama-susumu | 2006-05-11 22:13 | F18-Tapiola の印刷工場