F23-カレヴァの教会 Kareva Church (1966) Reima Pietila/ Tampere Finland No.1/26

R.Pietila 1966 Karevan Church


緩やかな丘の上に立つ教会堂
Kareva Church 87-024-12.jpg
c0044801_10111318.jpg
Helsinki から北180km Tampere に建つこの教会は、1959年に提出されたコンペ49案の中から栄冠を勝ち取った、 Reima and Raili Pietila 夫妻のデザインによるもので、1964年に着工、1966年に竣工しました。古いキリスト教のシンボルである魚の形がプランに見られ、祭壇の木製のレリーフにはイザヤ書の「傷ついた葦」がモチーフとして使われています。テクスチャをあまり感じさせない打ち放しコンクリートの壁面と、なんとも納まりの悪い梁が支配する巨大な空間にあって、フィンランド産の松で造られた家具やオルガンボックスがかろうじて人間のぬくもりを与えてくれています。1120席を持つ礼拝堂の南東側には、地域の施設として老人の集会施設、250席の小チャペルなどが附属しています。
by hirayama-susumu | 2006-05-27 10:14 | F23-Kareva の教会
<< タンペレの図書館 Libra... カレヴァの教会 Kareva... >>